Maison KASUYA

LINEUP

取扱素材 カスマテリアルラインナップ

碾茶カス<オリ茶>

茶を摘採まで少なくとも20日以上被覆してその生葉を蒸して揉まずに乾燥せしめたものである。玉露と同様、収穫前に被覆した茶葉を蒸し、碾茶炉で乾燥して製造する。煎茶のように茶葉を揉む工程が無いため、形状は青海苔に似ている。その香気は玉露同様独特のかぶせ香があり、適度に香ばしい。茶葉の中でもテアニンというアミノ酸の一種(グルタミン酸の誘導体)を多く含み(玉露も同様)、リラックス・集中力を高める効果がある。

宇治木幡の自園にて、抹茶のもととなる茶葉(碾茶)を栽培しております。宇治碾茶の伝統栽培法である覆下茶園は、新芽が出る春先に覆いをし、日光を遮断します。そうする事で茶葉本来の旨味が引き出され、香り豊かな茶葉が育ちます。年に一度だけ熟練の摘み子の手で丁寧に摘み取る「手摘みの一番茶」にこだわり
最高品質の茶作りを追求しております。